FXシステム検証/評価-有効活用の基-

限定特典ファイルプレゼント中!! 詳しくはこちらをご覧下さい⇒特典ファイルのご案内
1日3分7日間稼ぐトレーダーへの基礎講座(FX無料講座)
FXで、利益を上げ続けるための7日間無料メール講座です。
FXを真剣に取り組みたい方へ、 FXの基礎と抑えておくべき特徴・仕組みをあなたのメールボックスへ毎日配信。
詳しくは⇒こちらの記事
登録はこちら⇒
E-Mail ※

スポンサーサイト

優良情報は⇒ 人気ブログRanking


⇒【スポンサー広告の最新記事を読む】



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



優良情報は⇒ 人気ブログRanking


FXブログランキングへ | FXランキング | ブログ為替レート

☆FX商材に関するご質問やご相談、その他何でも気軽にメール下さい。⇒【メールフォーム

BOXチャート 検証と評価 その4

優良情報は⇒ 人気ブログRanking


⇒【BOXチャートの最新記事を読む】



MetaTrader4専用インディケータを使用したシステムトレード


>> BOXチャート

前回の記事より、引き続き検証結果を記載します。

このシステムは、5分足、又は15分足を推奨時間軸としておりますが、
5分足ではあまりにもダマシが多かった為、

15分足のみでの検証を行っております。

エントリー後ファースト・スローの2回に分けてのエグジット

5/31~6/4


【ユーロドル】

ファースト 3勝8敗   42Pips
スロー   3勝8敗   62Pips

【ポンドドル】

ファースト 4勝9敗   159Pips
スロー   3勝10敗   17Pips

【ポンド円】

ファースト 5勝2敗   409Pips
スロー   3勝4敗   260Pips

【ユーロ円】

ファースト 2勝6敗   235Pips
スロー   3勝5敗   279Pips


合計  1463Pips



6/7~6/11


【ユーロドル】

ファースト 3勝4敗  - 40Pips
スロー   2勝5敗  - 89Pips

【ポンドドル】

ファースト 1勝6敗  - 59Pips
スロー   1勝6敗  -122Pips

【ポンド円】

ファースト 2勝4敗  - 36Pips
スロー   3勝3敗    38Pips

【ユーロ円】

ファースト 2勝6敗  -152Pips
スロー   1勝7敗  -113Pips


合計 -573Pips



6/14~6/18


【ユーロドル】

ファースト 2勝3敗  - 13Pips
スロー   2勝3敗  - 42Pips

【ポンドドル】

ファースト 2勝11敗 -167Pips
スロー   2勝11敗 -303Pips

【ポンド円】

ファースト 2勝9敗  -177Pips
スロー   2勝9敗  -197Pips

【ユーロ円】

ファースト 3勝4敗  - 33Pips
スロー   2勝5敗  - 98Pips


合計 -1030Pips



6/21~6/25


【ユーロドル】

ファースト 6勝3敗    17Pips
スロー   2勝7敗  -129Pips

【ポンドドル】

ファースト 4勝5敗     5Pips
スロー   3勝6敗  - 50Pips

【ポンド円】

ファースト 2勝8敗  -108Pips
スロー   3勝7敗  -125Pips

【ユーロ円】

ファースト 3勝7敗  - 32Pips
スロー   1勝8敗1分-137Pips


合計 -559Pips



6/28~7/2


【ユーロドル】

ファースト 4勝1敗   248Pips
スロー   4勝1敗   264Pips

【ポンドドル】

ファースト 3勝9敗    71Pips
スロー   5勝7敗   166Pips

【ポンド円】

ファースト 1勝5敗  - 88Pips
スロー   3勝3敗   189Pips

【ユーロ円】

ファースト 4勝6敗  - 60Pips
スロー   3勝7敗   109Pips


合計 899Pips



5月31日~7月2日まで合計 200Pips


検証開始4月26日~合計 3831Pips


検証開始から2ヶ月以上経過しましたが、
勝率は低いまま安定しています(苦笑

このシステムは、チャートに表示されるボックスからのブレイクがシグナルとなりますが、
私の個人的な印象としては、
ロジックがシンプル過ぎてダマシが多いという印象です。

ブレイク手法の考え方自体は間違っていないと思いますが、
日足でトレンドが形成されていない状態であれば、
ジリジリとレンジ幅を広げながら結局方向感のない展開が続くことも珍しいことではない為、
揉み合いが続けば続くほど厳しいです。


また、シグナルはBOXをブレイクした瞬間に出ますが
そのローソク足の確定を待って、実体でボックスをブレイクしたことを確認した後に
エントリーする方法を取ると、少しはダマシを回避できるかも知れません。


>> BOXチャート




優良情報は⇒ 人気ブログRanking


FXブログランキングへ | FXランキング | ブログ為替レート

☆FX商材に関するご質問やご相談、その他何でも気軽にメール下さい。⇒【メールフォーム

スポンサーサイト

BOXチャート 検証と評価 その3

優良情報は⇒ 人気ブログRanking


⇒【BOXチャートの最新記事を読む】



MetaTrader4専用インディケータを使用したシステムトレード


>> BOXチャート

前回の検証期間4/26~5/14までの三週間の結果は
4通貨ペア合計で3996Pipsの利益とプラス終始となりました。

ゴールデンウィークを挟んだこの時期は、大きく動いた時期ですので
このプラス収支は、そんなに驚くほどのものではないかもしれませんが、

取れるときにしっかり取れるというのは、システムの基本となります。


引き続き検証を行っておりますので、
その結果を掲載しておきます。


15分足、エントリー後ファースト・スローの2回に分けてのエグジット

5/17~5/21


【ユーロドル】

ファースト 3勝8敗  149Pips
スロー   3勝8敗   35Pips

【ポンドドル】

ファースト 4勝13敗 - 33Pips
スロー   4勝13敗 -171Pips

【ポンド円】

ファースト 4勝6敗  364Pips
スロー   3勝7敗   20Pips

【ユーロ円】

ファースト 2勝11敗 -128Pips
スロー   2勝11敗 -292Pips


合計 - 58Pips



5/24~5/28


【ユーロドル】

ファースト 4勝4敗   56Pips
スロー   2勝6敗 - 79Pips

【ポンドドル】

ファースト 2勝10敗1分 -167Pips
スロー   3勝10敗   -312Pips

【ポンド円】

ファースト 4勝6敗    7Pips
スロー   4勝6敗 - 45Pips

【ユーロ円】

ファースト 4勝4敗  110Pips
スロー   2勝6敗    8Pips


合計 -422Pips


2週間合計 -480Pips


検証期間5週間合計 3516Pips


相変わらず勝率は高くありません。

これは、当初ロジックを見たときから感じていたことですが…

方向感が明確に出ない動意が続くとやはり厳しいという印象です。


>> BOXチャート


もしも、実際に資金を投じて運用するのであれば、
ゆとりを持って、辛抱強く見ていく必要がありそうです(汗


もう少し検証を続けてみるつもりですので、
またメルマガでもご報告していきます。




優良情報は⇒ 人気ブログRanking


FXブログランキングへ | FXランキング | ブログ為替レート

☆FX商材に関するご質問やご相談、その他何でも気軽にメール下さい。⇒【メールフォーム

BOXチャート 検証と評価 その2

優良情報は⇒ 人気ブログRanking


⇒【BOXチャートの最新記事を読む】



MetaTrader4専用インディケータを使用したシステムトレード


>> BOXチャート

販売サイトをご覧になればシグナルの基本的な考え方はお分かりになるかと思いますが、

チャート上にボックスが表示され、そのボックスをブレイクしたときにシグナル発動

ブレイクアウト手法となります。


検証を始めて3週間分の結果です。

15分足、エントリー後ファースト・スローの2回に分けてのエグジット

4/26~4/30


【ユーロドル】

ファースト 4勝5敗   90Pips
スロー   2勝7敗  -25Pips

【ポンドドル】

ファースト 4勝2敗   74Pips
スロー   4勝2敗  282Pips

【ポンド円】

ファースト 4勝7敗  -46Pips
スロー   2勝9敗   37Pips

【ユーロ円】

ファースト 4勝1敗  198Pips
スロー   2勝3敗  250Pips


合計 860Pips



5/3~5/7


【ユーロドル】

ファースト 4勝3敗  171Pips
スロー   5勝2敗  323Pips

【ポンドドル】

ファースト 2勝5敗   36Pips
スロー   2勝5敗   18Pips

【ポンド円】

ファースト 5勝4敗  545Pips
スロー   2勝7敗  407Pips

【ユーロ円】

ファースト 6勝3敗  696Pips
スロー   4勝5敗  614Pips


合計 2810Pips



5/10~5/14


【ユーロドル】

ファースト 4勝2敗   16Pips
スロー   3勝2敗   12Pips(一つポジション持ち越し)

【ポンドドル】

ファースト 5勝6敗  178Pips
スロー   4勝7敗   24Pips

【ポンド円】

ファースト 3勝7敗  -12Pips
スロー   2勝8敗  109Pips

【ユーロ円】

ファースト3勝10敗 -115Pips
スロー   4勝9敗  114Pips


合計 326Pips



3週間合計 3996Pips


勝率は高くありませんが、現在の相場は明確な下落トレンドが形成されていますので、

しっかりと損小利大の結果が出ていますね。


>> BOXチャート


一般的に言われるシステムの傾向として、

順張りは利益率を高めに

逆張りは勝率を高めに

というのが基本と言うか、こういった結果が出やすい傾向にありますので、


現段階で、結果を見る限りはまずまずではないでしょうか。

逆に言うと、少々勝率の面で甘いロジックであっても、

取れるときにしっかり取れれば機能すると言えるということですね。


>> BOXチャート


どんなシステムにも得意・不得意がありますが、
合えて不安な部分を挙げるとしたら、レンジ相場でしょうか。

矢印とアラームでエントリー・エグジットを知らせてくれて判断に裁量は必要ありませんが、

システムの特徴と、現在の相場とマッチしているか

トレーダー自身の管理も必要かと思います。





優良情報は⇒ 人気ブログRanking


FXブログランキングへ | FXランキング | ブログ為替レート

☆FX商材に関するご質問やご相談、その他何でも気軽にメール下さい。⇒【メールフォーム

BOXチャート 検証と評価 その1

優良情報は⇒ 人気ブログRanking


⇒【BOXチャートの最新記事を読む】



MetaTrader4専用インディケータを使用したシステムトレードです。!



MTにオリジナルインディケータをインストールすることで


チャート上にBOXが表れ、そのボックスからブレイクすると

音と矢印でシグナルが出るタイプで、

更にエグジットの際に獲得Pipsも表示される優れものです。



システム導入方法も、画像つきで丁寧に説明されていて
MTが始めての方でも迷わずにセットできるのではないかと思います。


>> BOXチャート


さて、肝心のそのシステムの実力です。

ロジックは公開されていませんが、

セッティングし、1日ボックスの形状とシグナルの傾向を見た感じとしては、

正直、シンプル過ぎてレンジ相場では危険かも…

という第一印象



それでも、今週MTを常時表示させその傾向を見てきましたので、

その結果と感想をお伝えしたいと思います。


対応通貨ペアはユーロドル・ポンドドル・ポンド円・ユーロ円

の4通過ペアです。

推奨時間軸は15分足 or 5分足です。

MTでチャートを4分割に表示することで
対応通貨ペア全てのシグナルを拾うことが可能です。


エントリー後、ファーストエグジットとスローエグジットの

2段階でエグジットシグナルが発動します。

エントリー、エグジットは音声とチャート上に目印で合図が出ます。


私の検証は15分足です。

5分足で行わなかった理由は後ほど…


下記検証期間は4/26~4/30 17:00までです。

【ユーロドル】

ファースト 3勝5敗  55Pips
スロー   1勝7敗 -54Pips

【ポンドドル】

ファースト 4勝1敗 102Pips
スロー   4勝0敗 312Pips

【ポンド円】

ファースト 3勝6敗 -55Pips
スロー   2勝7敗  70Pips

【ユーロ円】

ファースト 3勝1敗 103Pips
スロー   1勝3敗 175Pips



>> BOXチャート


【感想】

ロジックが公開されていない為
1週間程度で全てを判断することは出来ませんので、

4/30時点での感想となります。


成績をご覧頂ければお分かりかと思いますが、
損小利大のロジックとなってます。

それにしてもポンドドル以外は負けが目立つ結果となりましたが…

獲得Pipsがプラスなのは月曜日の下落時の利益が殆どです。


販売サイトをご覧頂ければ大体わかるかと思いますが、


チャート上にボックスが表示され
そのボックスをブレイクしたらエントリーという仕組みです。

なので、レンジ相場では一瞬直近の高値や安値を更新する場合があり

その際もシグナルが発動するので、ダマシを連発する可能性も高まります。



上記結果は15分足での成績でしたが、
この1週間で見ると、今週の場合は5分足ではダマシが多すぎて
とてもトレードを続けられる状態ではありませんでした。



上記の検証データでは、シグナルを全て拾った場合ですが、


一応、マニュアルではBOXの形状からトレンドの傾向を判断し
裁量を入れる例題についても少し説明がありますので、

その点も踏まえてご自身でフィルターをかけることで、
もう少し勝率を向上させることができるのではないかと思います。



以上のことを踏まえると、この1週間の結果から踏まえても
15分足でのトレードの方が良いと考えます。


明確なトレンドが形成されると
100や200Pipsの利益も出ますが、

レンジが続くと少し我慢が必要です。


あと、私自身がこのBOXチャートでトレード場合

ダマシを回避し勝率を上げる方法として考えられるのは、


シグナルが出た後、そのローソク足が確定するまで待ち

実体がボックスをブレイクしていたらエントリーという方法を取ります。


場合によっては利益を減らすこともありますが、

一瞬のブレによるダマシは回避出来ます。


>> BOXチャート




優良情報は⇒ 人気ブログRanking


FXブログランキングへ | FXランキング | ブログ為替レート

☆FX商材に関するご質問やご相談、その他何でも気軽にメール下さい。⇒【メールフォーム


| FXシステム検証-有効活用の基- |

BOXチャート
FXシステム検証-有効活用の基-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。